ご迷惑をお掛けしますが、ただいま調整中です

■ 沿革                               

 豊橋陸軍病院の院長(軍医大佐)に就いていた竹内(たけうち)雅休(まさやす)は同病院を退職後、昭和4年(1929)随所に大正から昭和初期に見られる和洋折衷様式を採用した『岡田医院』を建築、開業しました。名古屋の熱田で開業していた雅休の長男一夫(かずお)は週末岡田に通って父親を手伝い、やがては岡田医院を継ぐ予定でしたが、一夫が太平洋戦争で戦死したため実現には至らず、雅休は昭和25年(1950)まで同医院を続けました。その後は竹内家親族の住まいとして、また別の医院が使用した時期もありました。現在は、主屋1階を岡田街並保存会が管理しながら活用されています。

 平成27年(2015)有形文化財に登録されています。

■ 主屋 木造2階建 入母屋造 桟瓦葺 

 外観は軒を船枻造(せがいづくり)とした日本建築ですが、小屋組は洋小屋トラス構造になっています。1階は南側に茶人の手による庭園を鑑賞できる和室三間と応接室、北側に玄関、浴室等の水廻り、茶の間、女中室、北側と南側の間に廊下を通した中廊下式とし、三方に広縁と廊下を回した間取りです。洋間の応接室天井の漆喰装飾は見所があり、上げ下げ窓と色ガラスが嵌められた欄間が彩りを添えています。浴室は唐傘形天井で、出入口戸にも色ガラスが用いられています。

■ 診療所 木造2階建 寄棟造 桟瓦葺 

 外壁は上部をモルタル塗、下部をレンガ色モルタル塗横溝彫り、各階窓上にコーニス(蛇腹)を廻しています。玄関扉をタイルが門型に囲い、半球と四角錘を連ねた装飾を施した庇が付き、その上部壁にはアクセントにレリーフが施され、凛とした佇まいを見せる洋風建築です。1階は玄関、待合室、調剤室、診察室、処置室を配し、2階は6帖二間続きの和室は、看護婦の居室として使用されていました。

現在「伝承知多木綿 つものき」が機織り工房として使用しています。

PAGE TOP
MENU